おすすめ記事
2017年07月31日

高い効果の販促品にする方法

高い効果の販促品にする方法

■使ってもらえるアイテムを選ぶ


販促品としての効果を高めるためには、「使ってもらえる」ようなアイテムを選ぶ事が重要です。言い換えると、受け取ってもらえなかったり、手にとってもすぐに捨てられてしまったりするようなアイテムですと、宣伝効果を十分に受けられない心配があります。よって、販売促進の効果を得るためには、より実用性のある商品を用意し、皆さんに配るのが良いといえるでしょう。
具体的な例をあげるのであれば、「ポケットティッシュ」や「カイロ」などの消耗品が、受け取ってもらえる可能性を高めます。もらっても邪魔になりませんし、人によってはその日のうちに使ってしまう事もあるでしょう。そのような実用性があるアイテムであり、邪魔にならないものが良いです。他にも、ボールペンやメモ帳、うちわやアロマなど、消耗しようと思えばできる様な商品のほうが、ひとまず「受け取ってもらう」という事においては効果的でしょう。
逆に、キーホルダーやマグネット、トートバッグなどのような、あまり使い道が見当たらなかったり、人それぞれこだわりを持たれやすいアイテムであったりしますと、「必要ない」と思われてしまう可能性もあります。それでは受け取ってもらえない可能性も高まってしまい、受け取ってもらったとしてもすぐに処分されてしまう事もあります。いかに、手にとった人たちに使ってもらえるかを考えるのも、ノベルティの種類を決める事において重要ではないでしょうか。
仕事をする人たちをターゲットにするなど、どういった人たちに渡すのか具体的に考えてみるのも良いです。ビジネスユースの場合は、卓上カレンダーであったりクリアファイル、小さくても手帳のような商品だったりすると、もらって嬉しいのではないでしょうか。実用性一つを考えるにしましても、誰にとって実用性があるのかどうかを考える事も、決しておろそかにできません。無料でもいらないと思われてしまうと、逆にイメージダウンにつながる恐れがあるため、まずはなにより使えるものを意識する事と、どういったターゲットに受け取ってもらうのかを考えましょう。


■デザインにこだわる

高い効果の販促品にする方法

ただし、実用性だけがすべてではありません。販促品としての役目を果たしたいがあまり、アイテムに宣伝要素を含ませすぎる事はなるべく避けるようにしましょう。どれだけ人の手に渡ったとしても、実際に使用してくれなければ宣伝効果としては少々弱いでしょう。例えば露骨な販促のデザインになっていて、センスが感じられないものでは、外での使用が難しく、販促効果は薄れてしまいます。
手にとってもらい、実際に使ってもらうという事では、デザインに気を使う事は欠かせません。ポケットティッシュやボールペンなど実用性があるアイテムにしたのならば、あとは自然な形で販促を盛り込んでいくように心がけるべきです。目立つ場所に露骨なロゴを入れてしまったり、印象を与えたいがあまり、派手な装飾やカラーリングを入れてしまったりすると、目には付くかもしれませんが、使用してもらいづらい事から宣伝効果としては弱いです。ポイントとしては派手なものよりシンプルさに重きをおき、愛用されるアイテムへ近づけることです。

■PRはシンプルにわかりやすく

高い効果の販促品にする方法

実用性やデザインへのこだわりを追及しすぎるあまり、結果的に自社のアピールが出来ていなかったら、何のために商品を配っているのか目的を果たすことができません。あくまで自社の商品をアピールし、多くの方々に魅力を知ってもらう事こそがノベルティ作成のゴールですので、どこの会社がそのノベルティを作っているものなのか、はっきりさせる必要があるのです。
企業名は、はっきりと手にとった人の目に付くところにつける必要があります。企業名が分からなければ、良い商品と思ってたり、良いものを作る会社だと思ってくれたりしても、最終的に自社の商品の売れ行きを良くする結果に結びつきません。ノベルティとしての意味を持てるように、必ず企業名やアピールポイントについては、皆さんに伝わる場所に設置して、販促品を作る事が大切です。
だからといって、企業名やアピールポイントを前面に出しすぎると、次は外では使いづらくなるデザインとなってしまいますので、デザインとのバランスを上手に撮る事が非常に肝心です。もらって嬉しいものでありながら、宣伝の効果を与えられている事が欠かせません。それには商品の実用性は欠かせない部分でありますし、宣伝効果を得るため、企業名を伝え、どういった部分が魅力なのかを伝えなければならないのです。ただ、商品を配るだけではいけないという事が、ノベルティにおいて難しい部分でもあります。
PRはできる限りシンプルであったほうが伝わりやすいです。ごちゃごちゃと一つの販促品にまとめてアピールを詰め込んでしまうと、読むのが面倒でしっかりと頭に入らないかもしれません。簡潔に自社の製品の良さを伝える事が、販促品において非常に大切なポイントとなるでしょう。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら