おすすめ記事
2017年03月16日

販促品の効果を高めるためには

販促品の効果を高めるためには

■業務・サービス内容は明確に


販促品は企業やお店が名前や商品、サービスなどを宣伝するために使用するツールであり、上手く利用することで集客や知名度のアップなどを狙うことができます。では販促品を使って宣伝効果を高めるためには、どんなことに注意しなければならないのでしょうか。
まずは、アピールしたい業務やサービス、商品などについてです。販促品を配る際、アイテムを何にするか、配布する場所やターゲットなどを考えることを優先してしまい、なぜ配布するのかが明確でないまま配布を行ってしまうことがあります。配布する理由は最も重要であるにも関わらず、それを忘れてしまっては、せっかく入念に企画をして予算をかけても赤字に終わってしまう可能性もあります。ですから、まずは配布する理由を明確にし、何を伝えたいのか、消費者にどのように捉えて欲しいのかを考えましょう。
業務内容やサービスの詳細などを明確にすることで、集客や売り上げの目標を立てることができます。またどんな人に業務内容やサービスを知ってもらいたいのかが明確になるので、ターゲットを絞りやすくなり、同時にアイテムや配布する場所などを決定する際にも計画しやすくなるため、効率的な販促品の配布によって費用対効果の高いものとなります。
販促にかける予算は一般的には売り上げの3%から5%程度が適切と言われていますが、できるだけ掛ける予算を削減したいと考える担当者も多いでしょう。本当に必要な人に必要な情報を届けるツールとして販促品を利用するのであれば、業務内容やサービスを明確にし、目標をしっかりと立てることが重要です。


販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら