おすすめ記事
2016年04月06日

季節に合わせた販促品・ノベルティ戦略

季節に合わせた販促品・ノベルティ戦略

地域別、消費者別の販売促進品の市場反応について

販促品はただ配れば良いというものではありません。

価格、広告費、販促費、流通費などを意識することは当然として、その他にも販促品を配布する地域により、
人口統計、社会・経済上の諸条件および自然条件が異なるため、販促品を受け取る消費者の反応状態にも差が出てくるからです。 

例えば一般的なノベルティとして何かを配ったとしても、消費習慣などの条件は地域間によって均一ではありません。
よって地域ごとに利益マージンも違うため、これを考慮に入れた上でノベルティを配布する戦略の設定が必要となるのです。
消費者のマーケティング要因に対する反応の違いは、地域以外の条件によっても層化できます。
ある商品を頻繁に、そして多量に使う消費者は、他の消費者とは異なった反応を見せるのです。
一般に消費者を同質的なニーズを持っている市場にグループ分けすることを市場細分化と言いますが、分類基準は色々とあります。
まずは性別、年齢、職業などの一般的な分類法です。
そして購買量、購買頻度、使用量等による分け方ですが、こちらはデータが必要となるため、
一見して判断するのは難しくなりますが、データを集めることが出来ればより正確な分析が可能となります。

この二つを中心として、消費者個人の人口統計的、社会・経済・心理的特性や生活様式、商品使用状況、消費習慣、
コミュニケーション媒体への接触状況、生活意識など多くの分類を統合して把握する標本調査を行います。
こうした分析を元に、販促品を配る対象をしっかりと見極めることでより効果を発揮することができるのです。

 

季節性と時期への対応

季節に合わせた販促品・ノベルティ戦略

市場反応を規制する条件としては、時間、つまり対応する時期の要素も重要です。

例えば国民所得が上昇すれば商品の売上量にも少なからず影響が出ます。ある商品の売上量の推移は企業のマーケティング努力や販促状況と、所得効果が合わさって生まれた結果として解釈できるのです。

そこで、所得効果によって商品の売上量が趨勢的・潜在的に変化していく中で、
マーケティング努力が潜在的可能性をどの程度実現するのかを検討することが必要となります。
その際にはかならず季節や時期によるタイムラグを考慮に入れなければいけません。
例えば、ある販促品が消費者の購買行動を呼び起こすまでは、
販促費が支出されてから配布状態になる、販促品が実際に消費者の手元に渡る、
消費者が販促品の広告に気づき購入する、という3段階を経る必要があり、この間のタイムラグが発生するからです。

このことから、秋に売りたいものを秋に販売促進の活動をしているようではいけないのです。どの季節に売りたいのかを考え、それに合わせてノベルティなどを配布して消費者にアピールしていくことが重要となるのです。

販売促進に使用する広告媒体

季節に合わせた販促品・ノベルティ戦略

実際に広告計画を立てる場合、使用媒体を絞る必要があります。
すべての媒体で広告を打てれば理想的ですが、広告費には制限があり、
限られた費用でできる限り多くの効果をださなければいけません。
広告にはテレビ広告、ラジオ広告、新聞・雑誌広告、インターネット広告、特殊広告(カレンダーやボールペン・ポケットティッシュなどの手渡しノベルティ)などの媒体があります。
もちろんそれぞれにかかる費用や効果が違うため、その時々でどれを使用するのかを決める必要があります。

重要なのはどの層に訴えかけたいかを考え、そこに適した媒体を使用することです。
例えば子供に重点をおいたキャンペーンであればラジオ広告のウエイトは軽くなり、
単純にテレビ広告を使用したCMなどがわかりやすいものが多くなります。
白黒では伝わりづらく、カラーであることに意味が見出される広告では新聞広告では伝えきれないものがありますので、
こちらもテレビ広告などを使用することが大切になってきます。
他にも、販促活動を行う上では、どのような地域で行うのかという問題があります。
しかし、ほとんどの媒体は広告場所が限定されているためどこでもできるわけではありません。

そういったなかで、例えばポケットティッシュのようなノベルティによる特殊広告を使用した販促であれば
場所の移動が容易であり、駅の近くなどの人が集まる場所での配布が可能となることからも優位性が高くなります。
また季節や時期、時間によっても効果に変動があります。
同じ場所で販促活動を行っても、時間帯によって人の集まり方や注目度は変わってくるのです。
そこで販促品を配るという方法を採用すれば、固定されている看板とは違って時間帯を絞って配ることが可能です。

マーケティングの戦略から時間帯や季節に絞って販促を行いたい時などは、
このようにピンポイントで調整できるノベルティを使用する方法が有利になるのです。
特殊広告を使用する場合、販促品には多くの種類があり、企業はその販促物を準備する必要が出てきます。
単純に販促品を配るにしても物によっては人件費がかさみます。
企業の人的・物的資源、販促費、広告コストなどを最も効率的に配分しマーケティング戦略をたてることが大切です。
コストを抑え、時間帯や時期を選べ、必要な情報を伝達することが出来、尚且つ量を配ることが出来ると考えると、
ポケットティッシュは販促物に使用するのに特に適していると言えるでしょう。  

関連商品

ポケットティッシュ(フルカラーラベル印刷)無地ポケットティッシュフィルム印刷ポケットティッシュ定番PR・既製柄ティッシュ

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら