おすすめ記事
2016年02月04日

格安で作るために!ポケットティッシュ制作で押さえておきたい節約ポイント

格安で作るために!ポケットティッシュ制作で押さえておきたい節約ポイント

ポケットティッシュは大変安いものですが、大量に配布する場合にはコストも発生します。ですが、ポケットティッシュは工夫次第でコストを画期的に抑えられます。一体どのような工夫をすれば、より安くポケットティッシュを配布できるのでしょうか。

ポケットティッシュの単価はどれくらい?

ポケットティッシュのコストを下げるためには、まずポケットティッシュの種類ごとの単価を知っておくことが大事です。業者によって、フィルム印刷、ラベル印刷、無地ポケットティッシュなどで単価が変わることが多いため、予算組をする上で予め確認しておきましょう。その他にも注目しておきたいのが色々なオプションです。QR(AR)コードを載せる、特殊効果を施す、クーポン券をつけるといったように、最近のポケットティッシュは「芸が多彩」になってきています。それぞれのオプションには費用が発生するものもありますので、訴求したいアピールポイントなどと共に訴求効果を見越した上で単価を確認し、予算組みを行うことを推奨いたします。ポケットティッシュは大量に作成するものですから、少しの差が大きなコストの違いになってしまうこともあります。だからこそ、ポケットティッシュを制作する際には、作成されるポケットティッシュの種類や値段、そして訴求効果を見越して選択すると良いでしょう。

他にも知っておきたい節約のコツ

ポケットティッシュは、ティッシュの枚数で料金が変わります。“W”という単位で計ります。例えば6Wは二枚重ね6枚入りのティッシュのことを指します。この内容量によっても単価は異なります。


内容量と、受け取った方がそのポケットティッシュを持ち歩く時間は比例しますので、より枚数が多い方が多くの時間、広告に触れる可能性は高まり、販促効果が高いと考えられます。ですが、大量に配り、多くの人に一瞬でも見てもらうことを考えると、枚数は少なくとも良いでしょう。


また、ポケットティッシュは基本的に多く作成すれば単価は安くなります。長期的に契約することで単価を抑えられることもあります。このため、ポケットティッシュのコストをより下げるためには大量生産・長期契約も一つ方法にはなります。ポケットティッシュを安く制作するにはラベルを自作してしまうのもオススメです。プリンターがあればラベルの印刷はできますので、コスト削減に繋がる可能性もあります。使う用紙は通常のプリンター用紙でも問題ありません。ラベル入れの作業は代行してくれる業者もありますから、活用してみましょう。

配布する数を少なくしても販促に繋がる?

格安で作るために!ポケットティッシュ制作で押さえておきたい節約ポイント

ポケットティッシュの制作料金・配布料金を安く抑えるためには、単価に気をつけることが大事だと最初に言いましたが、たとえ少量のティッシュであっても販促効果を高めることができる場合もあります。たとえば、ポケットティッシュにQR(AR)コードを印刷するだけでもより宣伝効果は高まります。特に「インターネットのサイトに誘導したい」という際には、こういったQR(AR)コードをつけるだけで効果が数倍にもなります。特にQRコードは目立つので、「なんだろう」と思ってポケットティッシュを手に取ってもらえる確率も高まります。他にもクーポン券をつけるのも良いでしょう。クーポン券をつけるだけでも普通のポケットティッシュよりも宣伝効果が上がるばかりか、「いつかクーポン券を使おう」と思って長い間、ポケットティッシュを取っておいてもらえることも利点でしょう。他にも実に色々な工夫が施されたポケットティッシュが生まれています。先に述べました、ティッシュの内容量に関しても、より長くポケットティッシュを持ってもらいたいと考えれば配布数を減らして内容量を増やすのも一つ工夫として挙げられます。このような工夫をすれば、たとえ大量にポケットティッシュを配布しなくても、一つひとつのティッシュの販促効果が高まって、逆に低コストで集客に繋がることもあります。

ノベルティとしてコスパが高いポケットティッシュ

格安で作るために!ポケットティッシュ制作で押さえておきたい節約ポイント

このようにポケットティッシュのコストを下げるためには色々な工夫がありますが、そもそもティッシュ自体がノベルティとしても大変格安なものです。ノベルティとして、他にもクリアファイルやボールペンがありますが、クリアファイルにしても、一つあたりの単価が、ポケットティッシュに比べると高コストです。こういったノベルティと比べた場合に、ティッシュがいかに安いかということは一目瞭然でしょう。そのため、他のノベルティを減らして浮いたお金でポケットティッシュを制作すれば、それだけコスト削減にも繋がります。ポケットティッシュはノベルティとして安いだけでなく、実用性もあり、誰にでも喜んでもらえるということもポイントです。このように、ポケットティッシュには販促物としての利点が多いということを知っておきましょう。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら