おすすめ記事
2016年12月28日

ウェットティッシュの種類と制作

ウェットティッシュの種類と制作

■一般的なウェットティッシュの種類


口元に付着した汚れなどを除去する際に、乾燥タイプのティッシュを使用してもなかなか汚れが取れない場合があります。また、水を使用することができないような環境の中では不快感がある中、手を洗うことさえできないものです。そういった時に持っていてよかったと感じるものがウェットタイプのティッシュです。乾燥タイプとは違って、水分を含んで濡れているので、乾燥タイプのティッシュでは拭ききれない汚れをきれいに除去することができます。そのため、販促物においてのウェットティッシュは、高い利便性があるので、高い広告効果を引き出すことができると考えられます。
日常的にウェットティッシュの利用用途は多く、厄介な汚れを落とすことはもちろんのこと、眠気や気分のリフレッシュができるような冷感のあるウェットティッシュや、スニーカーやビジネスシューズをきれいにするためのクリーナー、万が一の災害にも活用できる防災用ウェットティッシュなど、多種多様な特徴を持ったウェットティッシュがあるため、シーンや配布ターゲットに合わせて活用することができます。
例えば、ターゲットが車の運転手であれば、車の窓の汚れを拭くためのウェットティッシュを販促物として利用することや、ターゲットが主婦であれば、外でも使えるお手拭きやキッチンで活用できるような汚れ落としなどのウェットティッシュを販促物にするなど、ターゲットに応じて変更することで広告効果がより大きくなると考えられます。事前に配布ターゲットを絞ってプラン立てを行うことで、様々な種類のウェットティッシュの中から、ターゲットに活用されやすいもの・広告効果の期待できるものを選定することができます。ウェットティッシュを販促物として利用するのは、他の販促物と比較しても比較的自由度が高く、より効果的に販促活動を進めることができるからと考えられます。また、種類によっては季節関係なく使用することができるため、オールシーズン使える販促物として、活躍することは間違いないことでしょう。


■ウェットティッシュが持つメリット

ウェットティッシュの種類と制作

ドライタイプの一般的なティッシュは汚れをふき取ったりするのには重宝しますが、べたつきやすい汚れなどに対してはなかなか取れないという欠点があります。それに対してウェットタイプのティッシュであれば簡単にべたつく汚れも除去することができます。特に外出時の突然の汚れには早急に対応をすることが可能です。外出時に小さいウェットティッシュをバッグなどに忍ばせておくと、不意にふき取りが必要な時に重宝します。
日常においてウェットティッシュが欲しいと思うタイミングは多々ありますが、ウェットティッシュを販促に活用するメリットは一体なんでしょうか。
販促物としてのウェットティッシュは、ポケットティッシュ程の利用頻度はなくとも、どのようなターゲットでも汎用性があり、もらって嬉しいものの一つとして良い効果を期待できると考えられます。主婦や学生・サラリーマンなど、カバンの中に一つ入れておいて損はないと考えられます。いざ使う時には重宝するものの、普段からウェットティッシュを持ち歩いている人はなかなかいないのではないでしょうか。
汎用性あれど、普段から持ち歩いている人がいないからこそ、販促効果も長期にわたり期待することができると考えられます。広告掲載スペースはウェットティッシュのラベル部分になるため、手に取った人は開けるために必ず広告部分を見ることになります。内包枚数分広告を見ることになるため、記憶に残りやすい広告となるのではないでしょうか。

■オリジナルウェットティッシュを制作する際の注意点

ウェットティッシュの種類と制作

ウェットティッシュによる販促物を制作する場合には注意したい点があります。それはターゲットとなる方がどんな層なのか、またそのターゲット層が好む商品はどのタイプなのかをあらかじめ検討しておくことです。例えばビジネスマンを対象としている場合、上述の通り暑い時期に外回りをすることもあるので、爽快感のあるメンソール入りがピッタリでしょう。企業イメージに合うアイテムとして考えると、めがね店であればめがねクリーナーにしたり、携帯ショップであれば画面クリーナーなども消費者がもらってうれしいアイテムでしょう。
オリジナル商品を作る際にもう1つ検討しなければならないのが予算です。ターゲットのことだけを考えて制作する場合、販促物にこだわりを持ちすぎて本来の広告の費用対効果が損なわれることも懸念されます。あらかじめどの程度の予算を組んでノベルティを制作するのか、じっくりと考える必要があります。考えておきたいのは、費用対効果の部分です。もちろん多額の予算をとれば広告効果は高まりますが、それに見合うだけの消費者からのアクションが必要です。予算は少なく、効果は大きくが最も理想的です。予算内で収まるようにしながらも、マッチするような商品を制作し、また企業の宣伝活動が十分に行えるようなデザインも検討していきましょう。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら