おすすめ記事
2016年06月24日

獲得できる顧客に差が出る!ノベルティとプレミアムの違い

獲得できる顧客に差が出る!ノベルティとプレミアムの違い

■ノベルティとプレミアムの定義の違い


ノベルティとプレミアム、違いはあるのでしょうか。
物を配るという点では同じなのですが、この2つには違いがあります。
まず、ノベルティは企業名や商品名などを広くアピールするために、「無料で配布する販促品」です。
ちょっとした小物や消耗品、日用品など品物の種類はたくさんあります。
どのような人でもでも活用しやすいものが多いと言えるでしょう。
一方、プレミアムとは「景品」のことです。
例えば企業のイベントなどでもらえる物、商品を購入した際に付いてくる物などで、消費者が企業のイベントに出向くほか、
商品を購入した後で手に入る物です。
ノベルティはまず認知度を上げるという目的で街中で配布するポケットティッシュに商品名を入れたり、実際の商品を試供品という形で提供します。
プレミアムはすでに消費者が認知している企業のイベントに参加、または商品を購入した後に配るものなので認知度向上というよりも、さらなるイメージアップやリピーターを作ることが目的になります。


■ノベルティとプレミアムの戦略の違い

獲得できる顧客に差が出る!ノベルティとプレミアムの違い

販促品を配る際には、まず目的を明確にします。
目的とは、企業のPR、新商品のPRなどです。
不特定多数の消費者にアピールするため、広く配布することができるポケットティッシュなどを活用することが多いのですが、
企業名などの認知度を高めるため日常で使いやすい日用品、オフィスに欠かせない文房具などに企業名を入れ、
毎日目に入るようなものを販促品とすることもあります。


販促品を配るなら、ターゲットを絞ることも大切になってきます。
飲食店の開店の場合には、ターゲットをその地域の人に絞り、新しい化粧品の販売の場合はターゲットを女性に絞るという具合です。
企業や商品のインパクトをつけて記憶に残すことができれば成功です。新規の顧客を開拓するなら、ノベルティということになります。販促にプレミアムを活用する場合は、ターゲットはすでに決まっています。
商品購入後の特典なので、ターゲットを後押しするという役割になります。


プレミアムは、より質の良いものセンスのよいものでターゲットをリピーターにし、
商品やサービスに良い印象を持ってもらうのが目的です。
お得感のあるものを選ぶ必要があります。
欲しいけど自分では買わないもの、ハイセンスなものが良いでしょう。高級感のある革製品や食品の詰め合わせなど、予算に応じて選びます。
ノベルティもプレミアムも、自社にどれだけ還元されるかが大切です。

■新規顧客を取り込むにはノベルティを活用しよう

獲得できる顧客に差が出る!ノベルティとプレミアムの違い

ノベルティとプレミアムの違いから、新規顧客を取りこむならノベルティを活用すべき、ということになります。
街中でチラシだけを手渡されても、受け取らない人のほうが多いでしょう。
ポケットティッシュなら、持っていても邪魔にならず便利なものなので、受け取ってもらえる確率はグッと上がります。
チラシのポスティング、新聞折り込み、ネット広告などと比べても「一番販促効果がある」と言われています。
チラシは見終わったらゴミになるので捨ててしまいます。ポケットティッシュなら、使い切るまでは手元にあります。
印刷してある企業名や商品名は、毎日見ているうちに頭に入っていきます。
それほどの効果がありながら、非常に安い価格で作ることが出来るところも魅力です。


さらに、これを活用するなら「QRコード」を印刷しておくのも効果的です。サイトにアクセスすると、お店の情報やクーポンが手に入るという風にすれば、新規の顧客は興味を持ちます。
QRコードを地域ごとに変えておくと、どの場所で配布したポケットティッシュでアクセスしたのかというデータ収集にも役立ちます。
反応の良い地域がわかれば、その周辺のマンションやアパート、一軒家にターゲットを絞ってポスティングするという方法をとることもできます。


オリジナルポケットティッシュを発注する際には、イメージと個数を検討します。
印刷物を封入するなら無地タイプ、インパクトが欲しいならカラフルな4色刷りなど様々なタイプがあります。
タイプによって金額は違いますが、予算と目的に合わせて決めていきます。
発注数によって単価が下がるので、必要数を考え、1度にたくさん発注した方がお得です。


デザインも請け負ってくれる業者もありますので、サンプルを見せてもらえばイメージしやすくなります。
もちろん、こだわりのデザインがあれば、そのまま発注することができます。


業者を選ぶ際には、対応が丁寧かどうか、追加発注に速やかに応じてくれるか、見積りが早いか、などを見極めることが必要です。
色校正などもこまやかに相談に乗ってくれるところが良いでしょう。ポケットティッシュ配布で効果があれば、長い付き合いになるので、同じデザインの再発注が簡単かどうかということも重要です。
ですから、デザインを保管しておいてくれる業者が便利です。
新規の顧客獲得のためには、まずは企業の存在を知ってもらうことが大切になります。
企業名と商品名が入ったオリジナルポケットティッシュなら、広い層にアピールすることが可能です。ぜひ、ポケットティッシュをご活用ください。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら