おすすめ記事
2018年03月05日

ユーザーを意識して販促品を作成する

ユーザーを意識して販促品を作成する

ある地域で人気の販促品が、かならずしも他の場所でも受け取ってもらえるとは限りません。ユーザーによって、好みはさまざまであるためです。受け取ってもらい、さらには実際使ってもらえてこそ、はじめて効果的な販促戦略となります。配るユーザーを意識して、喜ばれるものを作成することが大切です。


女性ユーザーを意識する

ユーザーを意識して販促品を作成する

販促のターゲットを考えるとき、宣伝したい商品の方向性を踏まえた上で考えることが欠かせません。男性向けの商品であれば男性に適した販促の品を、女性には女性向けの販促品をといった具合です。どんなに質の良い品でも、ターゲットに適していなければなかなか受け取ってはくれません。


特にポイントとなるのは、女性をターゲットにする場合です。日常的にバッグを持ち歩いている人が多く、普段から持ち歩けるような便利グッズは気に入ってもらいやすいです。中でもおすすめとしては、あぶらとり紙が挙げられます。皮脂の浮きは、美容において大敵です。できる限りの間、てかりとは無縁の日々を送りたいといったところでしょう。そんなとき、さっと取り出して軽く押さえるだけで皮脂対策できるあぶらとり紙は、何とも助かる存在です。


また、あぶらとり紙が消耗品という点もポイントです。つまり、どれだけもらっても困らないというわけです。すでにあぶらとり紙を携帯している人にも、受け取ってもらえる確率は高いでしょう。販促グッズを扱う専門業者では、デザインのかわいらしいもの、スマートなタイプ、おしゃれなものなど、さまざまな種類が用意されています。自社に合うタイプを見つけて、効果的な販促に繋げてみてはいかがでしょうか。

便利なポケットティッシュを販促品にする

ユーザーを意識して販促品を作成する

販促の定番的存在ともいえるポケットティッシュですが、数ある配布アイテムの中でもやはり有効な部類に入ります。あぶらとり紙同様、もらって困ることのない消耗品ですし、販促品の定番という事実もまた、気軽に受け取ってもらいやすい特徴になるでしょう。警戒することなく、気兼ねなく手にしてくれます。


より効果を求めるのであれば、同じポケットティッシュの中でも便利なタイプを選んでみてはいかがでしょうか。


中でもおすすめは、水溶性のポケットティッシュです。水に溶けるタイプなので、トイレでも気軽に流すことができます。いまどきのトイレなら紙ぐらいどこでも備え付けられているのでは?そんな風にも思えるかもしれませんが、実際はそうでもありません。公園や観光地、旅行先などにおいては、紙がない、もしくは購入しなくてはならないようなケースも多くみられます。またトイレットペーパーホルダーがあるところでも、タイミング悪くストックがきれている場合も考えられます。万が一のときに役立つ水溶性ポケットティッシュがあれば、まさかの事態にも焦らず対応できるでしょう。


ですが、普通のポケットティッシュと水溶性のものは、一見するだけではなかなか見分けがつかないのも実際のところです。水溶性ポケットティッシュを配っても、そのメリットに気づいてもらえなければ受け取ってもらえる確率は高まりません。そのため、広告を邪魔しない程度にポケットティッシュに水溶性であることを記載しておくことをおすすめします。普段は受け取らないけど、水溶性なら受け取りたい、そんな人に、印象良く感じてもらえるはずです。

季節によって変わるニーズ

販促品のニーズを考えるとき、季節への意識が重要になってきます。人気の便利アイテムで、さらには季節にもマッチしているとなれば、なおさら受け取ってもらいやすいことでしょう。また季節に合ったものであれば、アイテムを持つこと自体がトレンドのようにもなっています。そうなってくると、広告が掲載されていること込みでもなお、受け取りたくなる、持ち歩きたくなるという感覚を引き出せます。


代表例が、夏のうちわです。うちわがあれば、扇ぐことによって風が作れます。ですが、うちわを持つメリットはそれだけでもないでしょう。夏にうちわを持ち歩いているというステータスが、ファッションのひとつとしても役立てられます。でかでかと広告が書かれていることも気にせず、好意的に役立ててくれるかもしれません。


また、ファッションとして持ち歩いてもらえれば、周囲の人へのさらなる宣伝にもなります。うちわに書かれた広告による宣伝効果、そして自分もうちわが欲しいと感じて進んでもらいにきてくれるといった流れも生まれるかもしれません。夏に映えるうちわだからこその、有効性でしょう。


逆に寒い季節であれば、カイロやマスクが好評となります。カイロについてはアピールしながら持ち歩いてもらうのは難しいかもしれませんが、寒さ厳しい日なら、文字通り手放せない存在として長時間使い続けてくれるでしょう。目に触れる機会も増えるので、宣伝効果も高まること必至です。

まとめ

同じ販促でも、うまくいくかどうかはひと工夫にかかってきます。ターゲット層を意識する、便利さを押し出す、季節やトレンドに合わせるなど、より効果を上げられるようこだわってみてください。せっかく無料で配るのですから、やはりそれだけの効果に期待したいところです。ひと工夫を凝らす価値は、大いにあるといえるでしょう。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら