おすすめ記事
2017年10月31日

コミュニケーションツールとしての販促品

コミュニケーションツールとしての販促品

■企業と顧客の距離を縮める


どんなにいい商品を開発しても、それが一般の間で知られていなければ、売り上げには直結しません。販促品には企業と顧客の距離を縮め、一般に知ってもらえる効果が期待できます。有名な大企業であれば、コマーシャルなどの広告を大々的に打つことで周知徹底できます。しかしこのような広告展開ができるのは、ごく限られた企業だけでしょう。コマーシャルなどの宣伝を大々的に打てない中小企業の場合、世間一般の知名度はどうしても低いものです。そこで活用してほしいのが販促品です。
企業などが制作しているノベルティグッズなどを見てみると、企業の名前やロゴマークなどを入れているものが多いです。その他にも、会社や店舗の所在地やホームページ、どのような商品やサービスを取り扱っているかについて記載しているものも見られます。
どのようなアイテムを販促に活用するかによって、記載できる情報に限りがあります。日常生活でしばしば使用する物をノベルティグッズにして配布すれば、使う人は使用するたびに企業の名前やロゴを目にするでしょう。すると企業の名前がその人の印象に入りやすくなります。そうなればその人にとって企業がなじみのあるものとなって、販売している商品やサービスなら親しみがあるので、ちょっと購入してみようかという気持ちになるかもしれません。このように企業とお客さんをつなげるコミュニケーションツールとして、ノベルティグッズは高い効果が期待できます。


■新商品などの展開に便利

コミュニケーションツールとしての販促品

どの企業でも、新しい商品やサービスを日々開発しています。また、どの企業でも試行錯誤しながら商品開発をして、その結果新商品を発売しています。ですから、新商品がお客さんにとってきっとプラスになるだろう、売れるだろうという自信をもって送り出しているでしょう。しかし、新商品は発売の段階では広く世間には浸透していません。新商品の売り上げをアップするためには、いかに多くのお客さんに知ってもらえるかがポイントとなります。ですから、新商品の売り上げ向上につなげるためにも宣伝や広告戦略も重要なのです。
新商品を開発した際にも、やはり宣伝方法としてコマーシャルを検討するかもしれません。ただ、どうしても宣伝費もかかってしまうため、断念する企業も多いでしょう。そこで活用したいのがノベルティです。自社での製品を買ってくれた人に対して、ノベルティを渡して新商品の宣伝をしてみるという方法があります。ノベルティを利用すれば、宣伝費も最小限に抑えたうえで、自社の製品やサービスを購入してくれた人に配布できます。自社の商品を購入してくれた人なら、新商品の潜在顧客になる可能性があります。
このように購入してくれる可能性の高い人にピンポイントで販促品を渡せば、効率的な宣伝展開ができるでしょう。コスパに優れていますし、コマーシャルを制作するのと比較すればコストも圧倒的に圧縮できます。その意味で新商品を作った際に、一緒にノベルティグッズを制作する企業が多いわけです。

■サービス内容をより分かりやすく

コミュニケーションツールとしての販促品

商品やサービスを広く知ってもらうために、いろいろな宣伝、広告を打つ企業もあるでしょう。例えばチラシ広告を制作した場合、紙面の限られたスペースの中で宣伝をまとめる必要があります。すると商品やサービスの詳しい内容について記載できないというデメリットがあります。
ノベルティグッズの場合も多くは記載できませんが、実際の商品を配布することができるため、消費者にダイレクトに伝えられ、わかりやすく印象に残りやすい形で発信できます。ノベルティグッズになりうるアイテムは多種多様です。ですからどのような内容でどのくらいのボリュームを宣伝するかに合わせて、アイテムの選定も行えます。広告だけで伝えることの難しい商品の特色やこだわりについて、伝えられるようなメッセージを検討しましょう。
また、ノベルティをほかの宣伝ツールにつなげるという方法もあります。ノベルティグッズの中でもボールペンは人気です。多くの人にとってボールペンはあって困るものではないですし、作る側としても、単価が安いので大量制作も可能だからです。しかしボールペンの場合、メッセージを記入できる面積がそれほど広くないというデメリットもあります。このため、いろいろと伝えたいことが伝えきれません。
そこで、商品やサービスについて詳しく記載されているホームページのURLをボールペンに記載するのも良いでしょう。そしてWEBサイトにアクセスできるように誘導する手法があります。サイトであれば、記載するスペースに紙媒体と比較すると制約がありません。ですからノベルティで最も伝えたい内容を記載し、詳しい内容についてはサイトでチェックしてもらうという戦略も立てられます。このように販促品はお客さんとのコミュニケーションツールとして活用できるメリットもあるわけです。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら