販促ノウハウ集

  • ポケットティッシュの上手で効果的な配布方法
  • ラベルデザインのワンポイントアドバイス
  • 費用対効果を計算してみる

費用対効果を計算してみる

新聞折込チラシ等は折込部数の0.05%(1万部で5人)の反響が妥当と言われています。もちろん、業種や目的によっても違いますので、その反響が良いか悪いかを言っているのではありません。

それにくらべてポケットティッシュ配布は、0.1%(1,000個に1人)の反響が妥当と言われています。こちらも業種や内容、目的によっても違うので、その辺は考慮していただきたいのですが、この方程式に当てはめてみれば、費用対効果が適切かどうかの判断ができます。例えば空いているスタッフなら人件費はかかりませんので、これをベースに計算してみます。

ポケットティッシュの種類や数量(以下ロット)によっても単価が違いますので、仮に@4円(計算しやすくする為に以下の価格は当サイトの価格とは違います)とし、1,000個配布したとします。かかった経費は4,000円ですから、一人の粗利益がこれ以上だったら、費用対効果OKと考えます。

1万個配布したとしたら、ロットが先程より多いので単価が仮に@3.5円とし、かかった経費は35,000円です。シミュレーションだと、10人反響が予想されますので、10人の粗利総額が35,000円以上なら費用対効果OKです。

繰り返しになりますが、業種や内容、目的にもよりますから一概に鵜呑みにしないでください。場合によってはご相談にのりますので、当サイトへご相談ください。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら