おすすめ記事
2016年01月12日

使用シーンから配布ターゲットを絞ろう!ポケットティッシュを使用したくなるタイミング

使用シーンから配布ターゲットを絞ろう!ポケットティッシュを使用したくなるタイミング

ポケットティッシュ広告を配布するとき、どんなことに注意して配布するべきでしょうか。例えば駅前で新築マンションを告知するためにポケットティッシュを配布しているとします。よく見ていると配布する人を区別しているように見えます。若い人には配らず、女性でも本当に小さなお子さんのいる方には配っていないように見えるのです。どうしてこのように区別しているのでしょうか?それはターゲットとなる見込み客でないからです。一方見込み客がどのような時にポケットティッシュを使うか考えたことがありますか?ポケットティッシュをどんなシーンで使って、広告に気を止めてくれるのでしょうか?ポケットティッシュを使いたくなるシーンを色々考えてみました。配布してみようとお考えの方は是非参考にしてください。もし普段配布されているのであれば、多少お役に立てるかもしれません。

平日の夕方以降に配布する

ポケットティッシュ広告を配るにあたって、どこで配布するのがよいでしょうか。例えばエステ、ネイル、健康関係の産業(マッサージ、ハリ・灸、足ツボなど)、新規開業のクリニック、美容室などのPRをする場合。平日であれば夕方の会社帰りにこういった施設の利用しようという人も多いでしょう。なので、平日の夕方以降にビジネス街や駅前で配ると広告に目を留めて「帰りにマッサージに寄ろう」と利用する人も増えるかもしれません。また、ティッシュが利用される場所を狙う方法もあります。飲食の時に口元を拭いたり、女性であればトイレでの化粧直しに使ったりなど会社の休憩時間はティッシュの利用率も高いはずです。そうすれば目に入ることも多くなります。さらに、ティッシュがないと困る場所というとトイレです。都心部の駅などでは頻繁にお掃除の方が清掃されているのですが、場合によっては紙切れということも珍しくありません。その時、思い出してもらえるのがポケットティッシュ(水溶性)なのです。配布ターゲットが女性であれば、この時ぴったりに使ってもらえるし、場合によってはどんな広告かも一度は目に入っているはずです。

サラリーマンが多い街ではどんな時間と場所が配布に有効か

使用シーンから配布ターゲットを絞ろう!ポケットティッシュを使用したくなるタイミング

サラリーマンが多くて土日の人口があまりないというオフィス街でポケットティッシュを配布するならいつがいいでしょうか?通勤時間帯は嫌がられるし、交通量もとても多いので配布するにも考える必要があります。そこでおススメなのがお昼時と帰宅時です。お昼時はサラリーマンが仕事から少しだけ解放されてほっとしている時です。すきが生まれるのでポケットティッシュを受け取ってもらいやすい時でもあります。その時お昼に新装開店する飲食店があれば、クーポンなどを使ってもらうことがあるはずです。もちろんお昼より夜に集客したいでしょうが、まずはランチから始めます。ランチでお試しして頂いて、夜に来て頂くというパターンだとやはり昼にある程度告知しておく必要があります。一方夕方や帰宅時は飲み会や打ち上げに使ってもらいたい飲食店が配布しています。特にオフィス街に近い店舗は夕方に配っていることが多いようです。一旦その時受け取って、後で気が付いて使うということもあり、集団で利用すれば割引になると記載されていれば利用してもらえる確立も高まります。まずは受け取ってもらえる時間帯や場所を考えて配布していくことです。サラリーマンが利用しやすいのはランチ時、会社の納会や打ち上げでしょう。そういった時間に集中して配布することで広告の効果は増すと考えられます。

ファミリー層を狙うならどんな配布方法が向いているか?

使用シーンから配布ターゲットを絞ろう!ポケットティッシュを使用したくなるタイミング

お子さんのいる家庭であれば、学習塾・英会話教室・スイミングスクールなどあらゆる習い事がありますし、医療関係のサービスも必要です。ファミリー層全般であれば、家族で利用できるお店やサービスがファミリー層にアプローチしてくるでしょう。でもご両親のうち、お父さんは会社に行かれるでしょうし、お母さんも場合によっては会社に行かれるケースがあるでしょう。その中でも狙い目は子育て中の女性の方で、午前中に何かしらの買い物や子どものために送り迎えをしないといけないケースがある方を想定してみましょう。午前中は場所によって以外と交通量があります。その中でも学習塾や英会話塾などは比較的多くのポケットティッシュを配っています。それはもしかしたらお子さんがまだ小さくても潜在顧客になってくれる場合もあるし、何よりそのファミリーに対して配布しているケースもあります。ベテランの主婦でも英会話に通っていらっしゃる場合が増えています。ファミリーといっても家庭の中心の主婦に配ると、比較的その先の本当のユーザーの目に触れることもあります。ゴルフ道具や車の整備などもその一つです。回りくどいでしょうが、実際にお渡ししたいターゲットに直に渡せないことも多い場合はそのような方法で渡していくこともあります。また土日にファミリーが沢山出ている場所で配布するのも手です。ただし、あまりに人が多すぎても渡しにくくなり、ターゲットが絞りにくくなることもあります。いずれにしても、ターゲットユーザーがいつポケットティッシュを使うかを考えると、なるべく目に触れるようにするしかありません。どんな方法でもターゲットに目に触れるようにすればいい場合は、間接的に渡していくというのも1つの方法です。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら