おすすめ記事

1 3 4 5 6 7 16
成果につながる販促品活用術
■トレンドに合わせた販促品開発 効果的に販促品を配布するためには、その時点で消費者が何を求めているかを想定して商品選びをする必要があります。もしせっかくたくさん販促品を作っても、その時の消費者のニーズにまるで合致していないと意味がありません。例えば日本には四季があって、シーズンによって求められるグッズも違ってきます。どの季節に販促品を配布しようと思っているのか、時期を決めてそれに見合った商品・・・
秋冬の定番販促ツール【カイロ】
■カイロを販促品として配布するメリット 冬場に配布する販促品を探している人がいれば、使い捨てカイロを活用してみるのも検討しましょう。冬場の厳しい寒さの時に外に出るのはかなり厳しいでしょう。コートなどで完全防備をしていても、体の芯が冷える、手先が冷たくなるなどの問題が生じます。このようなときに使い捨てカイロを配布すれば、使ってもらえる可能性が高いです。しかもわざわざドラッグストアなどで購入しよ・・・
オリジナルの販促品の活用を考えよう
■自社におけるイメージアップ オリジナルキャラクターを販促品に活用するメリットとして大きいのは、イメージアップに貢献できる点です。既存のキャラクターの場合、どうしてもアレンジなどの面で自由度が狭まってしまいます。オリジナルキャラクターであれば、自分の好きなようにデザインを決められます。イラストももちろんいいでしょうし、写真をアレンジしてみる方法もあります。自分たちで編み出したキャラクターであ・・・
販促品が及ぼす影響
今では口コミサイトやSNSを使って、一般の方でもどんどん情報を拡散することが可能になりました。販促品を作って配布することによって、消費者自身がほかの消費者の興味をかき立てる作用があるのです。ただし、この販促効果を左右するのかはどのような販促品を作るかという、そのアイデアです。 たとえばある食品メーカーでは、自社のアイスを模したミニチュアをマグネットにして販促品として配布しました。細かなところまで・・・
2017年08月01日

販促品制作のコツ

販促品制作のコツ
■どんなシーンに使ってもらうかイメージする 販促品で宣伝効果を得るにはやはり、受け取った人が使用してくれる事が重要です。手に取ってもすぐに捨てられてしまったり、全く使用されなかったりしたのならば、ほとんど宣伝効果は得られないと考えられます。そこで、制作の段階で具体的に使用してもらえるイメージを膨らませ、商品を仕上げる事が大切です。 受け取った人物が、どのようなシチュエーションで使用するのか・・・
販促品を無駄に配布しないノウハウ
■「もらってうれしいもの」を選ぶのが基本 販促品を配っても、受け取った方々にいらないと思われてしまえば、そこで宣伝効果を失われてしまいます。そのため、出来る限り受け取った人が嬉しいと思えるものを作り、販促の効果を出していくのが基本の考え方です。より良い宣伝効果を生み出すには、ノウハウを理解する事が欠かせません。 いらないと判断されかねないものの特徴としては、「かさばる」「使わない」などのも・・・
販促品の活用を考えている人へ
■まずはターゲットを明確にしよう 販促品でより良い宣伝効果を得ようと考えるのであればそれなりの工夫が必要です。闇雲にグッズを配るだけでは期待する様な結果は得られません。何を考えるべきかという点ではまず渡すターゲットを明確にする事です。それは曖昧なものではなく具体的であればあるほど、どのような商品を用意すれば良いのか見えてきます。 ターゲットが複数である可能性はもちろんありますが、ひとまずリ・・・
高い効果の販促品にする方法
■使ってもらえるアイテムを選ぶ 販促品としての効果を高めるためには、「使ってもらえる」ようなアイテムを選ぶ事が重要です。言い換えると、受け取ってもらえなかったり、手にとってもすぐに捨てられてしまったりするようなアイテムですと、宣伝効果を十分に受けられない心配があります。よって、販売促進の効果を得るためには、より実用性のある商品を用意し、皆さんに配るのが良いといえるでしょう。 具体的な例をあ・・・
ノベルティに期待される役割
■企業の名前と商品を知ってもらう 販促品を制作し、多くの方の手に渡る事には自社にとって大きな価値があります。何より、自社の名前を覚えてもらうきっかけになります。現代ではさまざまな分野にて、多くの企業が存在しています。そんな中、ライバル企業に打ち負けないように、自社の知名度を上げるためには、やはり広告を打ち出し、多くの方々に知ってもらう必要があります。 販促品には、自社のロゴを入れたり、会社・・・
販促品の品質管理について
■販促品にも「鮮度」がある 商品やサービスのアピールに使われる販促品は、上手に使わないとコストばかりがかさみ、宣伝としての効果を発揮できなくなります。季節に合わせて広告の内容を変更したり、品質が変わらない品を用意して、いつどんなときでも効果的な宣伝が出来るようにしたりするなど、タイミングを意識しながら、どのように宣伝を行っていくか、常に考え続けましょう。 実際に使う上で特に気をつけたいのが・・・
1 3 4 5 6 7 16

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら