おすすめ記事
2016年09月29日

子供をターゲットに集客するメリットとは

子供をターゲットに集客するメリットとは

■子供をターゲットに集客するメリットとは


子供は興味のあるものや魅力を感じるものに対してのアクションが実にスピーディーでパワフルです。
また行動力もあり、身軽、そして好奇心が豊かで目に付いたすべてのものに興味を覚えます。
そのため販促や集客を行う場合は親子連れの子供の方にターゲットを絞り、子供たちに「見たい」、「欲しい」と感じさせることによって大人たちを引き寄せるという方法を採ることが多くみられます。
ノベルティグッズを利用した集客、販促活動においてもその手法を使うことで子供たちを経由して親の興味を引き付けることができるでしょう。
子どもたちは大人からすると興味をそそられないものでも魅力を感じることがあります。
たとえ安価なものでも子供たちにとっては欲しいもの、宝物になることもあり、長く愛用されるケースも少なくありません。
子どもたちをターゲットにして集客するメリットとしては、アイデア次第では低コストで魅力あるものを作れるという点があります。
もし成功すれば、費用対効果の高い集客方法となるでしょう。
特に幼い幼児から小学校低学年くらいの児童は、イラストや写真などがふんだんに使われていたりキラキラと光る装飾を施したりしているものであれば、
そのグッズが自分で利用できるかどうかに関わらず欲しがる傾向があります。
また、普段から欲しかったものではなくても、目の前にあるものに対して強く心惹かれて手に取ってみる傾向もあります。
幼い子の興味はすぐに他のものへと逸れるものです。しかしその子自身がすぐに興味を失ったとしても、
自宅に持ち帰ってさえくれれば家族の目に留まって大人に関心を持ってもらえる可能性が残ります。こうなれば販促の第一段階はクリアしたことになるでしょう。


■ノベルティグッズ選びのポイント

子供をターゲットに集客するメリットとは

子供をターゲットにしたノベルティグッズを考えるのであれば、その対象年齢に適したグッズ選びを行うことが大切です。
キッズ向けのノベルティグッズは、おもちゃや文房具、ミニタオルやハンカチ、ティッシュやウェットティッシュなどの衛生用品などがメジャーなものとなります。
男児をターゲット、女児をターゲットといった性別による工夫も必要です。
男の子であればペーパークラフトやゲーム要素のあるおもちゃ、虫眼鏡などの実験要素のある文房具などが魅力的です。
女の子の場合には、シールやマスコットのついたキーホルダー、ファッション要素のあるグッズなどが人気です。
身の回りのものや身に着けられるものは幼い子でも欲しがります。
こうしたノベルティグッズを制作するにあたっては、カラーやイラスト、キャラクター選びも大切になります。
ターゲットの年齢層や性別を絞ったら、パッケージやデザインなどを決定します。
幼い子をターゲットにしたノベルティグッズの場合には、全体的に小ぶりな大きさにすると手に取らせやすくなり、持ち帰る場合にも親の手を煩わせずに済みます。
カラーやイラストは、最近テレビなどで話題になっているキャラクターやアニメ、漫画の登場人物、定番の動物をモチーフにしたものが良いでしょう。
ラメやビビッドカラーを使ったり、いくつかのカラーバリエーションを用意することで、目を引きやすくしたり、選ぶ楽しみを与えるようにするのも良いアイデアです。
カラーやキャラクターモチーフによって興味を引くことができれば、おもちゃや文房具など子ども向けのグッズにこだわる必要もありません。
ポケットティッシュやウェットティッシュであれば、幼い子が気まぐれで手に取った場合でも最終的に大人が使うこともでき、無駄にはなりません。
その上、使う際にはグッズに目を向けることとなり、便利さによって好印象を与えることができるでしょう。
使い捨てになるため、邪魔にもならないことから子供が受け取っても許容しやすいとも言えます。

■子供をターゲットにして親目線でも嬉しい商品を

子供をターゲットに集客するメリットとは

キッズ向けのノベルティグッズを使って集客することは、最終的には周りの大人たちの購買意欲やサービスに対する関心を高めることが目的となります。
そのため、その子の親や兄弟などの家族の目にも止まりやすいグッズにすることも大切です。
子供たちが好奇心にかられて手に取っただけでなく、親にも好印象を与えることで自然に「利用してみたい」と感じさせることが必要となります。
キッズ向けのノベルティグッズは、受け取ってもらうことは比較的簡単です。
子供は大人に比べると好奇心旺盛で、臆せずなんでも手に取ります。
そこからさらに大人の財布のひもを緩めて商品やサービスに目を向けてもらうためには、会社や店のロゴ、店名を見やすく印字することも大切です。
キャラクターなどのイラストにインパクトが奪われ過ぎないように、デザインは文字と絵のバランスを重視します。
子どもたちが注目するイラストとロゴや社名、サービスの説明などは違った箇所や面にプリントするのも良いでしょう。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら