おすすめ記事
2015年11月06日

ポケットティッシュの幅広い顧客層へのアプローチ力

ポケットティッシュの幅広い顧客層へのアプローチ力

ポケットティッシュでの販売促進のターゲットは多岐に渡る


今も昔も街の至るところで配られるポケットティッシュ。その販売促進方法のターゲット層は多岐に渡ります。
もっとも効果的なのは、地域密着型のものです。その地域に住む人を潜在顧客とし、ポケットティッシュで訴求することは非常に有効な手段といえるでしょう。具体的な企業・サービス性質としては、タクシー会社、鍼灸整骨院、フィットネス、マッサージ、ピアノ教室、楽器屋、英語教室、美容室、自動車教習所などです。
また、士業も多く含まれます。実は、弁護士、司法書士、税理士、弁理士、行政書士など街にはたくさんの士業ビジネスが存在しているのです。また、中小企業診断士、フィナンシャル・プランナーなどもここに含まれるでしょう。
こういった業種は付近の認知度が売上に非常に大きく寄与するため、ポケットティッシュでの販売促進・認知向上は非常に有効です。また、直接個人をビジネスの対象としていない場合でも、周知もしくは間接的な収益源と考えると、必然的にターゲット層に設定される企業もあります。たとえばテレビ局、役所、観光協会、NPO、NGO、各種社団法人、野球団などです。


新技術を使った最新の販売促進方法で若年層に訴求

ポケットティッシュの幅広い顧客層へのアプローチ力

一見、ポケットティッシュとスマホは結びつかないかもしれませんが、実は、スマホこそが、若年層を中心に、以前よりもさらに幅広い顧客層を掴むデバイスなのです。


ご存知の通り、スマホは人々の生活を変えました。2015年に総務省が発表した資料によれば、日本では20代のスマホ所有率が94%を超えています。また、全世代的に見ても62.3%にすでに普及しているようです。そんな状況の中で、ポケットティッシュに動画をつけるサービスも一部の業者で行われているのです。


動画の見方は、ティッシュにスマホをかざすだけで、動画が流れるという極めてシンプルなものです。動画を使った宣伝をしたい、ただ、オンラインではなく、オフラインで商品に興味のある潜在顧客に訴求したいという場合に使われます。動画での訴求方法の魅力は、「より多くの情報を伝えることができる」、「見ていて楽しい」、「使用方法や音、商品の質感などを潜在顧客に伝えることができる」、「SNSでの拡散効果も期待できる」というものです。


前述の調査によれば、ネット利用で多くの時間を占めるようになったソーシャルメディアの利用率は、スマートフォンの利用率と同じく、60%を超えているとのこと。ここでいうソーシャルメディアとは「Facebook」「Twitter」「mixi」「Mobage」「GREE」いずれかのものを指しています。スマートフォン、インターネット、SNSは、基本的に全世代的に利用者が広がっていますが、拡散して商品認知の拡大を考えた場合、こういったポケットティッシュ×スマホ(動画、SNS)という販売促進方法は特に若年層に向けての訴求方法として有効な手段になっていくでしょう。


 

自然志向の強いマーケットに向けた環境配慮型ポケットティッシュ

 オーガニック食品やジュースクレンズなどのダイエット商品、また、自然志向の服や装飾品の販売促進に関しては、そのマーケットに合うポケットティッシュがあります。それが、水に流せるエコティッシュです。意外と知られていないのですが、通常のポケットティッシュは水に溶けないため、トイレで使用すると詰まってしまいます。それを解決しようと、トイレに流せる水解性の原紙を使ったポケットティッシュが開発されたのです。リサイクル率も非常に高く、エコ商品との相関性も非常に高いので、結果としてエコやオーガニックを重視したマーケットに重宝されています。


 

面積を最大限利用することでアプローチ力が2倍に

ポケットティッシュの幅広い顧客層へのアプローチ力

また、情報量の観点からみれば、巻ラベル製法のポケットティッシュに人気が集まっています。巻ラベル製法のポケットティッシュとは、ポケットティッシュ自体を一枚のラベルで包む加工になっていて、通常のラベルと比べ、広告の面積が約二倍になります。情報量の多い商品やサービスはこういった作り方を選ぶことで訴求力がアップするのです。今まで、ポケットティッシュの広告サイズが小さくて非常に困っていたという企業からも注目を集めています。紹介する情報の量に合わせて適切な面積を選びましょう。


また、個人のティッシュに対する趣向性は多様化しています。ウェットティッシュを例にとると非常に顕著ですが、たとえば、ノンアルコールウェットティッシュ、メンソール入り除菌、眠け取り系、ケータイ・スマホクリーナー、メガネの汚れ取り、便座除菌、しみ抜き、靴磨き系、スニーカークリーナー、温感ホットウェット、さわやかな香り系、ノンアルコール系、冷感クールウェット系など多岐に渡ります。


また、スクラッチラベルを付けるなどのゲーミフィケーションを導入することでさらなる顧客層の拡大、ターゲット層への訴求度の高まりを実施することができるのです。スクラッチラベルティッシュは、イベントなどで比較的多く使われています。


 


ポケットティッシュは、幅広い層への訴求度を高めるため、日々進化しているのです。

販促専門のスタッフが対応! 急なお見積り・発送から、デザインや配布方法の相談までいつでもお問合せ下さい。 055-957-8082 月~土曜日 9時~18時 ※祝日はメールのみで受付

お見積・ご注文はこちら